ブログ&イベント詳細

わくわくGENKI塾 Cクラス【GENKI塾Cクラス】お道具箱を使ってみよう

こんにちは、かあ先生です。5月の連休が終わって、最初の土曜日。

子ども達の表情は様々です。

きっと、朝からCクラスに通うのを楽しみにしてくれたのだな。と、わかる子もいれば、

涙をぐっと堪えてお部屋に入ってくる子。「おはよう」と声をかけられると、凄く恥ずかしそうな顔をする子。4月から新しい環境になって、慣れてきた部分もあれば、今になって疲れが出てきた部分もあります。

まずは、良く来たね。と、温かく迎えてあげる様、心がけました。

我慢をしないで、自分の気持ちを正直に出してくれる。それだけで、十分頑張っているなあと思います。

まずは絵本を読んだり、しんや先生と動物のまねっこ遊びをしながら、

少しづつ皆の気持ちが落ち着いてきたのを見計らって、今日の本題に入りました。

今日の活動は「お道具箱を使ってみよう」。

Cクラスでは、一人ずつお道具箱があります。

箱の中には、ハサミと糊、16色のクレヨンが入っています。

4月から新しく入ってきた子が、道具箱の使い方を知ってもらう事と、

進級した子達は改めて道具の内容を確認してもらうのが、今回の活動のねらいです。

「お道具の箱の中に、ハサミはあるかな”あるよー”って教えてね」

先生の言葉がけに、サッと教えてくれる子ども達。

中には、「えっ?ハサミ無いよ」「クレヨンの紫色がないよ」等、足りないことに気づく子も。

この、自分の道具を確認する。これが、とても子ども達の気持ちを高めてくれた様です。

それまで不安気な表情をしていた子も、ぐいぐい「やる気」を見せてくれます。

皆で道具の確認を終えると、ハサミを使ってみる事にしました。

「ハサミで好きな様に切ってごらん」

そう言葉がけをすると、一瞬にして教室の雰囲気が、良い意味で緊張感に包まれました。

どの子も、すごい集中力。

紙に描かれた線をなぞって切るのですが、予想以上に、自分でハサミを使うことができていました。

特に年中さん。少し前まで「まだ幼いなあ。それが可愛いのだけど」と見守ってきた子達。

年中さんに進級した意識を、どの子も持っています。

ハサミを使う技術が成長したのはもちろん、初めてはさみを使う年少さんに、

そっと優しく声掛けをする姿も。お兄ちゃん、お姉ちゃんになってきたなあと、実感しました。

年長さんに進級した子達は、年中さんの成長を同じ様に感じていましたね。

「あの子、上手になったね」「はさみを使う時、走り回らなくなったね」など、

私と同じ様な視点で見ている事に感心しました。

年少さんから年長さんまで、Cクラスは皆で遊び、皆で学ぶ教室です。

新年度が始まって2ヶ月目ですが、良い雰囲気になってきたなあと思います。

これからも、お道具箱を使って色々な工作を楽しみたいと思います。

GENKI塾Cクラス 坂本カオリ

一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせ

052-802-3755

受付時間 / 月〜土 10:00〜16:30
  • メールでのお問い合わせ
  • イベント予約
  • 自然塾スタンツ Facrbookページ
  • 野童 -yado- Facebookページ
  • スタンツブログ
  • リクルート情報
緊急連絡網 マメール

ページトップへ

お問い合わせイベント予約