現場スタッフの声STAFF VOICE

さこうあやこ酒向 綾子

大学2年生、高校3年生、小学5年生のお子さんがいる3児の母。
出産を機に2度スタンツの現場を離れるも、スタンツの仕事に魅力を感じ、育児と仕事を両立させながら現場に復帰。
現在はパート勤務で、毎日担任として子どもたちの成長を見守っている。

“スタンツでの経験が、自分の子育てに大きく役立ちました”
1.どうしてスタンツで働きたいと思いましたか?
子育てをしているお母さんたちなら分かると思うんですが、子育てって結構孤独なんですよ。一日中子どもと家の中にこもって、誰とも会わない時間を過ごす。勿論、子どもも可愛くて、子育ても楽しいんですが、結構しんどくなるときもあるんですね。「なんだか一日中家の中にいるのってつまらないな~」「外に出て何かしたいな~」そこで、自分は子どもが好きだったので、子どもと関わる仕事を探していました。勿論、幼稚園や保育園、幼児教室などいろいろ探して見たんです。でも、またお部屋の中で過ごすのか…と考えると「何か違うな…」と感じていました。「もっと太陽の下で思いっきり走り回りたい‼」そう感じたとき、やっぱりスタンツしかない!と強く感じました。
2.スタンツで働いて良かったことは何ですか?
物凄くストレス発散になるんです。家の中で嫌なことがあっても、スタンツで子どもたちの笑顔を見ていると、「こんなことで落ち込んでいちゃだめだ」といつしか気持ちがリフレッシュされているんんです。スタンツの子どもたちと外で思いっきり遊んで、自分も楽しめる時間を過ごす。それがいい気分転換になって、また頑張ろうと思えるエネルギーが湧いてくるんですよ。結果的に家庭も仕事も、どっちも頑張れるようになりました。
3.スタンツで働いていたことで、何か子育てに生きたなと感じることはありますか?
外遊びの大切さを自分の子どもたちにも伝えられるようになりました。最近よく公園でゲームをしている子どもたちを見かけるんです。うちの子どもも一度、公園にゲームを持っていこうとしたことがありました。そこで咄嗟にこんな言葉がかけられたんです。「公園では、外での遊びを楽しむもんだよ」と。頭の中に、スタンツの子どもたちが外遊びを通して、心を思いっきり開放している生き生きとした姿が思い浮かんだんです。だから、外遊びの大切さを自分の子どもにも伝えることができました。
4.迷っているお母さんにメッセージ
勇気を出して一歩踏み出してほしいです。「子どもがいるから…」と諦める必要は全くないと思います。スタンツは、子どもの急な病気や学校行事のときにも、相談すればしっかり聞いてくれるから安心して働けます。迷っているなら絶対行動した方がいい。私はそう思います。

一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせ

052-802-3755

受付時間 / 月〜土 10:00〜16:30
  • メールでのお問い合わせ
  • イベント予約
  • 野外教室スタンツ Facrbookページ
  • 野童 -yado- Facebookページ
  • ドンマイプロジェクト Facebookページ
  • はなさき探究教室 Facebookページ
  • スタンツブログ
  • リクルート情報

ページトップへ

お問い合わせイベント予約