ブログ&イベント詳細

スタンツ【3歳児_年少】自然との共存【空ぼうし_Sクラス】

活動が再開し、3週間が経ちました。

子ども達の様子は、笑顔で朝の挨拶をし

活発に遊ぶ姿を見せてくれています。

しかし、疲労が蓄積されてきたようで

活動の合間には、疲れた様子が見られる

ようになりました。

Day1

またまた、雨の川あそび

「ボク、エビ捕まえる!」「ワタシのタモは!?」

意気込みは十分!

入水時に手を差し伸べると、

「いい、自分で入る!」

次々に飛び込んでいく子ども達。

おしりをつけてゆっくりと、入水をする子もいます。

もちろん、先生のお手伝いを要求する子もいます。

それぞれのペース。

それで良いんです。

先週は泣いていた子が、元気に水を蹴り上げていましたよ。

今日は、あちこちから

「エビ捕れたー!」「アメンボ捕れたー!」

「せんせー!見ーてー!」

と、聞こえてきます。

子どもがタモを上手に使って

自力で獲物を捕ることができていました。

先生やお友達が捕る姿をみて、

模倣をして、学んでいく。

これがカタチとなって表れていました。

習得が早いですね。すごい!

行動範囲も広がってきました。

足場の悪い、川の中を自由自在に歩いています。

教室に戻って、おトイレに行き、

体をキレイなお水で流したら

お部屋でお着替え。

この流れが身についてきました。

見てください!この靴の並び。

子ども達が並べました。

これを見たときにはビックリ!!

気がついたら、こんなに出来るように

なっていました。

お着替えも自分で頑張っているんですよ。

バッグや袋の中にクシャクシャで

入っている水着。

洗濯時には、お手数をお掛けしますが

子ども達が頑張った証として

受け止めていただけると幸いです。

 

Day2

サコッシュ

配布お手紙にてお知らせをしました

サコッシュについて、みんなにお話。

(このお手紙のタイトルは年中さんの女の子が書きました。)

(驚くほど、とても上手に書けていますね。)

『スタンツで遊びに行く場所は、どんなところがある?』

「川ー!」「森!」

「スタンツー!」

「天白公園!」「お外ー!」

『そうだね、スタンツは自然の中で遊んでいるんだね。

みんなは、スタンツで遊ぶときにお花や生き物を

お土産にして持って帰るよね?』

「ワタシ、かわいいお花。」

「オレ、バッタ。」

『うんうん、どうやって持って帰っている?』

「袋ー。」「飼育ケース。」

『そうそう、ビニール袋をよく使っている人がいるけど、

公園や森の中に落ちているのを見たことないかな?』

「あるー。」「汚いのぉ。」

『うん、あるよね。あれは誰かが捨てていったんだよね。

そのままにしていても良いのかな?』

ダメー!」「ぶぶぅー!」

『そうだよね。そのままにしちゃうとお花、生き物たちが

困っちゃうんだよ。袋を食べちゃうとか、

元気が無くなっちゃうとか・・・」

「海ー」

『あ、よく知っているね。カメさんが食べちゃうんだよね。』

 

などなど、そんなお話をしながら、

自然やモノを大切にすることを考えてみました。

 

子ども達の発言・表情を見て感じたことは

大人以上に真剣に考えている

ということです。

 

そこで今日は、使い捨てではない

特別なお土産袋をつくりました。

自分だけのお土産袋。

自由に、お絵かき。

愛着のある

オリジナルサコッシュの完成です。

今日は天白公園まで歩いて移動。

持ち物がたくさんあるけど

チョウチョやお花を見つければ

そこへ一直線。

木の陰で休憩。水分補給をして休憩。

休憩をいれながらの野原あそび。

暑い日でしたが、子ども達の笑顔は絶えません。

今日アレンジをしたサコッシュを

早速、使っている子がいました。

とっても嬉しそうでしたよ。

「眠ぅ~い…」

帰り道、寝ながら⁉歩いている子が…

本当にみんな全力で頑張っていますね。

空ぼうしクラス 和田・酒向

一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせ

052-802-3755

受付時間 / 月〜土 10:00〜16:30
  • メールでのお問い合わせ
  • イベント予約
  • 野外教室スタンツ Facrbookページ
  • 野童 -yado- Facebookページ
  • ドンマイプロジェクト Facebookページ
  • はなさき探究教室 Facebookページ
  • スタンツブログ
  • リクルート情報

ページトップへ

お問い合わせイベント予約